ブログ一覧のトップ > 2020-02-20投稿

日経225オプション取引ブログ

日経225トレード・ブログ

投稿日:2020-02-20 (木)

2/20のトレードとポジション

先物

昨日のフラストレーションをすべて払しょくするような一日となりました。

簡単に言えばIR安値ブレイクでただただ利益を伸ばしただけ、という感じですがこれが一番利益となるパターンですね。

本当に上手い人はIRの最後の足で上髭陰線となったところで全力売りをできるんでしょうか私はそこまで機動的に動けずぼんやり見ていましたがIR安値付近での勝負所は滅茶苦茶機動的に動いたので何度も損切りに遭いましたがそれでもオッケーでブレイク5枚全力売りがハマりました。

勝ちがたった一回でも大きく勝てるというのが理想的なプレイですがまさにそれを絵にかいたような一日となりました。



OP

完全に時期尚早な動きをとってしまいました。

それでもまぁこれでいいやと諦めるしかありません。

プットを引き上げてコールの余っているコール売りを7枚すべて切って急騰に備えましたが完全に大間違いの判断でした。

一つだけ素晴らしかったのは余計かもしれないと思いながらも期先のプット買いを早めに買っておいたことです。

これによってプットをあと一回引き上げても問題ないポジションを作れましたしここから急落してくれたらまだ大きな利益を狙える展開を維持できます。

詳細は10時前にすでに有料メルマガにて配信済みです。

大きく考えれば「何もしなくてもよかった」んですがやってしまったものは仕方ありません。

ひとまずは上を気にしなくてもいいポジションにした、ということが重要です。

いかに無駄な動きを獲っているかを是非YouTube動画でご確認ください。



本日の取引

先物

3月限ラージ先物@23650円×1枚買い→23640円 -1万

3月限ラージ先物@23640円×5枚売り→23660円 ‐10万

3月限ラージ先物@23660円×2枚買い→23610円 -10万

3月限ラージ先物@23620円×5枚売り→23470円 +75万

OP

3月限P22250@45円×15枚決済買い

3月限P22750@91円×15枚新規売り

3月限C23875@240円×7枚決済買い

4月限P23750@590円×5枚新規買い



今後の展望

続落

本日の損益
OP  -9万

先物 +54万


2月の損益
OP  -189万

先物 +183万



2020年合計+(OP+73万 先物+214万)
1月+2,870,000(OP+73万 先物+214万)

2014年合計 +24,218,000
2015年合計 +41,065,000
2016年合計 +6,117,000
2017年合計 +13,939,000
2018年合計 +13,483,000
2019年合計+28,664,000(OP+1388.2万 先物+1478.2万)

日経平均株価(N225)過去の市場データ

日付 終値 始値 高値 安値 出来高 前日比%
2020-02-20 (木) 23,479.15 23,666.58 23,806.56 23,426.42 632.71M 0.34%
2020-02-19 (水) 23,400.70 23,329.33 23,468.56 23,234.96 615.89M 0.89%
2020-02-18 (火) 23,193.80 23,398.57 23,402.01 23,133.60 595.04M -1.40%
2020-02-17 (月) 23,523.24 23,489.78 23,561.98 23,335.99 540.38M -0.69%
2020-02-14 (金) 23,687.59 23,714.52 23,738.42 23,603.48 691.05M -0.59%
2020-02-13 (木) 23,827.73 23,849.76 23,908.85 23,784.31 645.17M -0.14%
2020-02-12 (水) 23,861.21 23,741.21 23,869.73 23,693.72 746.48M 0.74%
2020-02-10 (月) 23,685.98 23,631.79 23,788.25 23,621.72 565.47M -0.60%
2020-02-07 (金) 23,827.98 23,899.01 23,943.45 23,759.42 653.61M -0.19%
2020-02-06 (木) 23,873.59 23,641.10 23,995.37 23,625.13 950.80M 2.38%
ブログの一覧に戻る

日経225投資取引 最近の投稿


ページの最初にもどる