YouTube動画リスト > 2020-03-11投稿動画 

YouTube内容

投稿日:2020-03-11 (水)

東日本大震災から9年。東日本大震災時の心境とSQ前のポジション状況。

今日は東日本大震災から丸9年ということで、今、14:45分なんですが14:46だったと思うのですが、2011年3月11日に東日本大震災が日本を襲いました。私は当時から大阪にいましたので、異常に長い時間、揺れるというのは感じました。ゆらゆら、ゆらゆら、長い時間ゆれる。大阪で震度2だったと思うのですが、普通じゃない揺れ方の長さだとは思っていたのですが、相場の状態も大して変化は無かったので、私は相場が引けるまで震災のことは知らなかったのですが。

実際の話ですが、3月11日が金曜日で土日にかけて、とんでもない事になっているのが明るみになってきて、3月14日にマーケットが開いてもマーケットが大暴落というわけではなかったのですが、福島第一原発の建屋が爆発したことによって、一揆に相場が走り出しまして、当時、私は初めてみたのですが、日経平均先物の買い板、買い待ちの人が1人もいないとなったのを初めてみました。

だいたい大暴落している時は、セリングクライマックスの状態になると、日経平均の待ち板が2桁に減ってくるんです。皆さん覚えて頂くといいと思います。

だいたい3桁、3列で並んでいますが、全員がマーケットから引くものですから2桁、1桁になってきます。そういう相場になったときは、もう手を出さないほうがいいですね。流動性の問題になってきますから。そういう状態になって、そして、私の運用自体はそこまで被害を受けてはいなかったのですが、証券会社によっては証拠金を10倍にしたりといった状態でした。

3月16日に私が数億円預けていた証券会社が破綻しますと発表があり、お先真っ暗・・。という状態になりました。その中には、いろんな会社さんから任されていたお金などもあったのですが、地震の後の1週間、2週間は大阪にいなかったと思います。東京に行ったり、広島に行ったり、福岡に行ったり、で、もうあっちこち行って、お客様に頭を下げて回っていたと思います。どちらかというと、地震があったときに、被災ではなくて、どちらかというと、津波側、人に被害を与えた側の人間だと自覚があります。地震ときいたら、あのときの苦い経験がよみがえってきます。

そのときに、「もう一回勝負する気はありますか」と言ってくれる方が、何人かいらっしゃいまして、そういった方のおかげで、私は今、こういう状態まで来ることができています。なので昨日の同がでもアシュラトレードチャレンジ投資口座では上手くいった、いかなかったという事を話していますが。

上手くいくか、すごく上手くいくか。という利益がたくさん出るか、あまり出ないか、というレベルでお話が出来ることが、私自身は考え深いです。1度全部無くしたわけですから。そのあと、また同じような状態がやってきた時に、今度こそは、と思っていたから、なんとかサバイブできている。そういう状態に自分が居れる事が嬉しいですね。

アシュラトレード口座は、放置しています。明日のSQ値によっては、利益の幅が削られるかもしれませんが、、出来れば・・願わくば暴落して貰って、プット19500の損失が膨れても、4月限のプットの売りを、例えば15000ぐらいで3枚しこめるような状態になるのをちょっと待ち続けます。今はそういう気持ちでいます。

特に気をつけることは無いんですが、コンサル生にもよく言う事ですが、「予想を当てる事と、利益を上げることは全く別ですよ」と言います。私は大学まで野球をやっていたので、よく野球の例えを出すんけれども、ほとんどの10年ぐらい野球やってきた人間は、プロ野球の中継を見て、解説者と同じ事はみんな喋れるんです。「次、スライダー・・とか」言っていることは、大体、当たっていると思います。ただ、相場にいる人間は、予想を当てるだけじゃなくて、その玉を当てれなくちゃいけないですよね。ボールを打たなければいけない。私自身は今週、3日前に19500にリスクを集めますと言っていますが、その時に、19500が多分SQ値の底じゃないかとお伝えしていましたが、その予想は、(下落して少し戻したので)当たらずとも遠からず・・・そういう状態なんです。

ただ、予想の点と点の間には時間が流れているわけです。19500が底だろうとリスクを集めた3日間、
18500まで下がっているんですよ。これに対して、この状況を目で見てしまうと、上手く動けなくなるんです。慌てふためいてしまっている。4枚リスクを切って、19750にコールを動かして、大慌ての行動をとったのですが。これが吉とでるか、凶と出るかは別問題として。この点と点の、線をどうしても上手く乗り切らないと利益は出ません。なので、利益を取るということは、そのマーケットの動きの中で利益を取らないといけないのです。よくオプションの教科書や、教えてくれる人は戦略を教えてくれるていると思うんですが、その戦略をいかにポジションに合わせて、市況に合わせて、動かしていけるか、という事がとても重要なのです。

今回の私みたいにいろいろ手を知りすぎていると、動きすぎるという事もあります。動きすぎて失敗するという事もあるんです。ただ、そのままフリーズしている状態よりは、よほどマシですよね。

なので、皆さんも動きの中で自分がどういうポジションをとればいいのか。時間的価値というのが、どういう変遷をしていくのかを肌で感じながら1日1日、SPAN証拠金がどう変わってきているのかとか、プレミアムがどう変化しているのかという事を、感じながらマーケットに挑むことが重要だと思います。でないと、ボーンと膨れたときに、慌てて対処してしまいますので、点で見ても仕方ないという事です。今この瞬間の状況から、一切目をつぶって、明日の朝まで(時間的に)飛べたらいいんですが、そんな風には世界は出来ていませんよね。だから見てしまうんでうよ。

見ないという手もありますよ。そこまで腹の座った方なら、勝てるようになると思います。絶対俺は見ない、声援上下されようが、明日の朝みると決めてしまう方が、実は利益になります。これは断言んできます。でもみちゃうんですよね・・どうしても。

私は会員様向けブログの口座では、1日1回しか取引更新しません。それも寄り付きの前です。それでも利益になるんです。アシュラトレード投資チャレンジ口座よりも、よほど利益率が大きいと思います。SQ値によっては多少変わりますが。なので、こういう風に(1日1回寄り付き前とか決めて)「そこしかやない!」と決める方がいいんです。

決めていても、目に入ってしまうので、そこで耐えれる人はすごく強いと思います。普通の人は目にはいった段階で、動いてしまうので、その時に自分がどう振る舞うのか・・。をいつも頭に描いておいて決めておくのが良いと思います。

今の私のリスクを全部言うと、コールの19750に10枚リスクがあります。これがリスクです。そして、プットの19500円に5枚リスクが残っています。下に突き抜けられていったら、この5枚がどんどん利益を削っていくと思います。明日のSQ値と、4月限のプットのディープ・オン・ザ・マネーの約定値のずれによって、多少損益が変わるとは思いますけれども、19500SQだったらプラス700万ぐらいかなと思います。

東日本大震災から9年、長いようであっという間ですね。4月限で同じぐらいの大暴落があるかもしれません。気を引き締めていきましょう。

ページの最初にもどる